このプロジェクトについて

プロジェクト

Drucker in Practice は、組織のマネジメントに関連した重大な課題について事例を共有し、グローバルな会話が出来るように設計されています。このプロジェクトは、日本のドラッカー学会と共に検討し、拡張されました。そして、2007年6月カリフォルニア州クレアモントで開催されたドラッカー・インスティチュート主催の国際シンポジウムにおいて正式にキックオフしました。Drucker in Practice は、ドラッカー・インスティチュートのプロジェクトではありませんが、インスティチュートとの協力関係は光栄なことであり、その支援に感謝しております。

このプロジェクトのために、我々は双方向型の、地域に密着したネットワークを開始し、開放的な対話を奨励します。会員に限らず、何方からのご意見(投稿)でも歓迎です。

我々は、四半期に1つの課題を選び、それに焦点を合わせて事例を収集し、話し合うことに決めました。

使命

マネジメントが面している重要課題について、グローバルな視点を協力して構築し、マネジメントの理解と実践を改善します。

方法

四半期ごとに我々は;

  • 質問(課題)を提起し、それに関するアクセス可能な根拠の有る情報を探し出す。
  • 会話開始にあたり、提起課題に関連する根拠、洞察、エピソード、ドラッカーの引用(名言)を提供する。
  • 根拠をWikiサイトに公表するための方法を確立する。
  • 定期的にまとめを改訂更新する。

検索機能と翻訳サポートを設けます。

会話の続行とともに、本サイトの実用性を高めるために、細区分したり、方法を見直す可能性があります。

使用条件

本サイトは、本サイトに興味を持ち投稿されるユーザーのためにあります。全てのユーザーが節度を守る事を前提とします。ユーザーによるWikiサイトでの情報編集やブログへのコメントには、ログインが必要です。

加盟組織

現在の加盟団体・組織など:

Drucker In Practice のメンバーにご興味をお持ちの組織は、 info@druckerinpractice.com 又は、ドラッカー学会事務局までお問合せ下さい。